焦る気持ちから自由になる方法

 

急いでいる時ほどゆっくり話す

忙しい日常生活、焦ることばかりです。やらなければならない仕事、家事、雑用が沢山ありますよね。

時間にも追いかけられて、スケジュール管理をするだけでも一苦労です。何か忘れていないかと不安になることを、私にも実はよくあります。

脳みそを立ててやる気のスイッチを入れるコツというページでもご紹介したように自分のやることをリスト化してそれを上から順番にこなしていくという方法は世間一般でもよく取り入れられています。

実はこのやるべきことをリストにして自分の目で見えるようにしておくというのは心理面でも効果が非常にあります。

しかし、重すぎるリストは考え物です。やるべきことリストは五つ以上の項目にならないように本当にやるべきかどうかはしっかり吟味してから書く必要はあります

やらないことやそれほど急ぎではないことを書き出したらやらないことリストを作ってみるのも焦った気持ちをクールダウンさせる効果があります

やりたくないことを実際に借り出してみると、自分の本心を確認することができて、不満や不安を緩和できます。

私の場合キャラないことリストには日々の仕事を書いています。日々の仕事などでやらないというわけにはいかないのですが.そのうち自分より広範囲の若い社員に譲れるようにしっかり頑張ろうと、気持ちを切り替えることができます。

急いでこれをやらなければいけない…と、あさっている時に限って、不倫の電話や想定外のトラブルが生じるものです。

そういうときこそ、動作をゆっくりにしてて.意識的に外部の雑音立つように努めてましょう。はっきりした口調を保ちながら、しゃべる速さも遅めにしてみます。

体の動きまでノロノロ遅くなってしまうのはさすがにだめですが、バタバタ走ったりしないように気をつけます

心のブレーキ

焦っているときは、人間の頭では脳内神経である交感神経が活発になっています。

アドレナリンが非常に沢山分泌されています。脈拍も呼吸もスピードが上がります。何より必要以上にやせると、注意力や集中力が散漫になってしまいます。そのためケアレスミスも多くなり本来であれば絶対やる内容なミスですら起こしてしまうこともあります

そんなタイミングだからこそ、遅くすることを意識して行う必要があるのです。

例えば職場の中を走ることで短縮できる時間なんてわずか数秒でしょう。何より焦って仕事に臨む新たな姿は他人の不安や嫌悪感といった結奈気持ちにさせてしまいます。

そして他人の不快感は遅かれ早かれあなたにも形を変えて跳ね返ってくるんです。

深呼吸をしてブレーキ役である副交感神経を活動させるのも、古典的ながら優れた方法です。

しかし、精神的な焦りを鎮めようと苦労するより、焦りを強くしない行動にてするのか、わかりやすいと思います

焦ったらゆっくり、静かに.着実に、この三つの心がけるだけでもとても変わります。

特にしゃべるときに焦ってしまうと口調が荒くなったり早口言葉のなっようになってしまうので注意が必要です自分の言葉でしっかりマイルドにするように心がけると、落ち着いた口調になって相手に与える印象も非常に良くなります。

ゆったりした行動は、相手の安心感も生み出します。

人間にはミラーニューロンという神経細胞があります。これは鏡の神経細胞とも言われていてそこには他人の表情や行動を映し出します。

焦っているあなたが他人のミラーニューロンに移ってしまうと、その他にもゆとりを失ってくるのです。そして互いに焦りだしてしまうのです。

ゆっくり落ち着こうとあえて口に出してみましょう。落ち着くという言葉の意味はゆっくり静かに落ち着いて、確実に着くということではないでしょうか?

心の持ちようもすぐには変えられませんが、動きを直していくことはしょ、今この瞬間からでもできる現実的な方法です

心を落ち着けるリセットメニュー

  1. やりたくないこと、急ぎではないことのリストを作ってみる
  2. 焦っている時ほど動作を万店舗ゆっくりしやってみる
  3. しゃべるときはゆっくり話し、語尾をしっかり踏まえて発音する
  4. 落ち着こう、落ち着こう.と、自分に繰り返し唱える

※焦っている様子や行動は相手にも伝わります。そのため焦ったらまずは意識してゆっくり行動するようにしてみましょう