顔むくみの原因は病気?

顔のむくみが気になったら、まずは原因を探りましょう。

飲料の飲みすぎ、寝不足以外で顔がむくんだり、慢性的に顔がむくんでいる場合は危険信号です。顔のむくみが表れる病名や危険性をまとめたページになっています。

顔のむくみは病気が原因

顔にむくみが出たらあなたはどうしますか。顔にむくみが出たらまず、どうしてむくんだのかの原因を探りましょう。

また、慢性的に顔のむくみが起こる人は、血行を改善することを考えた方が良いと思われます。

なぜ顔のむくみで注意しなければならないのかは、病気が原因でむくみが生じている場合があるからです。

主な病気として、肝臓病、心臓病、妊娠中毒、腎臓病、血管やリンパ管の障害、脚気、あるいは貧血などで顔のむくみが発現することがあります。

また、ネフローゼ症候群に見られるむくみがあります。

このネフローゼ症候群とは、低たんぱく血症が原因となり、多量のたんぱく尿が出ますから、血液中のたんぱく質が減少して低たんぱく血症が生じ、そのため浸透圧が低くなって、血液中の水分が血管の外に出てしまいむくみとなるのです。

急性腎炎の場合は、朝起きた際に顔、特に瞼にむくみが出てきますが慢性腎炎の場合は、あまりむくみの症状はありません。

顔のむくみが治まらない、顔色が良くない、あるいは慢性的に体調が良くないといった場合は、早めに医師に相談する必要があるでしょう。

冷え性改善で顔スッキリ

顔のむくみは、冷え性からも起こるうるってご存知でしたか。また、男性に比べて女性のほうが一般的には皮下脂肪が厚いですから、身体が冷えた場合に対処しにくい傾向があるんですよ。

さらに、血流の多い筋肉が少ないですから、一度身体が冷えきってしまいますと回復するのにとても時間がかかります。

就寝前にストレッチをして筋肉の緊張をほぐしたり、40℃位のぬるめのお湯にゆっくりとつかる半身欲などでリラックスして、夜更かしなどしないで良質な睡眠を取り入れましょう。

それ以外にも今すぐ出来る対策として枕の高さを調節したり、寝る前の30分くらいは室内の照明を少し暗くしたりするのも有効です。

可能であれば枕元にラベンダーなどの安眠効果のあるエッセンシャルオイルを置いたりすれば睡眠の入りが早くなって、更に就寝中もグッスリ深く眠れるのでおススメです。

現代人は忙しい日々を送っていると思いますが、時にはストレス解消をしたりして、内面からもむくみをケアしてあげましょう。寝不足だとか二日酔いなんかで顔がむくんでいますと、疲れているような印象を与えてしまうことになります。

人と対面する接客業や営業など、見た目が影響する仕事では、そうような印象を与えるのはマイナスとなります。なるべくスッキリ見せなければなりません。

そこで、洗面所などで笑顔を作ってみたり、口を大きく開けたり、あるいは眉毛を上下させたりと、顔面の筋肉を動かしてほぐしてあげましょう。顔の準備体操のようなものです。重度の冷え性の場合、寒さで顔にむくみが生じる可能性があります。

特に、急激な温度差を身体が感じるときに起こりやすいとされていますから、夏季の場合でも屋外の暑さと、冷房の効き過ぎる屋内といったようなケースでも、身体が悲鳴を上げて顔などのむくみの症状が現れるわけです。